スポンサーリンク

イニエスタの神戸での年俸32億円が事実なら、62億のメッシには及ばないが、28億のC・ロナウドを上回り、世界で五指に入る水準

スポンサーリンク
1: ラッコ ★ 2018/05/09(水) 01:56:11.82 ID:CAP_USER9
楽天ポイントだけでチーム買える? イニエスタ「32億獲得」報道に騒然

 スペインリーグのバルセロナといえば、サッカーファンでなくとも耳にしたことがあるだろう名門中の名門。そのクラブの「黄金時代」を支えたMFアンドレス・イニエスタ(33)に、まさかの「Jリーグ・ヴィッセル神戸加入へ」との報道が飛び出した。

 だが心配なのは「お金」。現地紙で報じられた推定年俸はなんと2500万ユーロ、約32億円というケタ違いの額だった。インターネット上では「加減てもんがある」などと様々な声があがる。

■双方のスポンサー・楽天の三木谷社長が主導か

 「イニエスタは日本でプレーするだろう」――スペインメディア「カデナ・セール」が2018年5月8日、こんな見出しで報道。ヴィッセル神戸と3シーズンの契約を結ぶとしている。同様の報道は同国メディア「アス」でも報じられた。

 バルセロナでは02年からの17シーズンでリーグ優勝9回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇4回を経験。個人でも、FIFAバロンドール(世界最優秀選手賞)の最終候補に2度選定。
スペイン代表では、10年FIFA南アフリカ・ワールドカップ(W杯)制覇、08・12年のUEFA欧州選手権(EURO)連覇を果たすなど、クラブ・代表ともにあまりにも輝かしい足跡を残している。
また、日本のサッカー漫画の雄『キャプテン翼』の大ファンとしても知られる。

 プロキャリアをバルセロナのみで過ごすかと思われていたが、4月27日、下部組織を含め22年所属した同クラブから今季限りで退団すると発表。去就が注目されていた。

 上記「カデナ・セール」によると、イニエスタ獲得に向けた動きは、バルセロナとヴィッセル双方のスポンサーである楽天の三木谷浩史社長(53)が主導して進められている。私有のワイン醸造所を提供するのも条件のひとつという。

 推定年俸は驚きの約32億円と報じられた。ヴィッセルといえば、17年7月に元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを獲得して驚かせ、推定年俸約6億円もJリーグ史上最高額だったが、実現すればこれをはるかに上回る額となる。
18年現在、日本人Jリーガーで2億円超のプレーヤーはいない。

 国際的に見ても、同じバルセロナで推定年俸約62億のリオネル・メッシには及ばないものの、
約28億のリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)を上回り、世界でも五指に入る水準だ(数字はスペイン紙・マルカの18年1月時点の推計による)。

■「携帯に比べたらはした金やな」

 インターネット掲示板上では、「来るわけねえだろ夢見すぎ」と獲得情報の真偽を疑う声があるほか、その超高額年俸をめぐっても

「飛ばしにも加減てもんがあるだろ 年俸32億て」
「32億とか絶対無理だろ」
「32億で有名選手呼ぶより 20億で監督コーチ・スタッフ呼んでこいよ」

 と否定的な意見が相次ぐ。

 だが、「携帯に比べたらはした金やな」などという声も。楽天は第4の携帯電話キャリア参入をめざし、2月の決算発表会でそれこそ三木谷社長は、「設備投資額6000億円」で「十分できると計画している」と発言したことが報道された。
もちろんこの2つの額を比較するのは野暮なものだが、「三木谷社長ならやりかねない」というわけだ。

 ツイッターでは、名前が取りざたされたのが楽天だったため「イニエスタ買ったときの楽天ポイントで選手全員雇えるチームありそう」「イニエスタの年俸で楽天スーパーポイント3200万貯まるやん」などと面白がる投稿も散見される。
もちろん現実にはあり得ない話ではあるが、18年のJ1クラブの選手総年俸は、最高がヴィッセルの約17億円、最少が今季初昇格のV・ファーレン長崎で約3億円とされる。
クラブ丸ごとはともかく、仮に1%のポイントが付けば、ちょっとした選手一人分の年俸は払える計算になる。

J-CASTニュース 2018/5/8 15:35
https://www.j-cast.com/2018/05/08327973.html?p=all
画像:イニエスタがJリーグに?(画像はバルセロナ公式サイトから)
no title

>>2-5あたりに、関連スレ)

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


続きを読む

Source: サカラボ | サッカーまとめ速報

スポンサーリンク
スポンサーリンク