スポンサーリンク

球団史上最大の逆転劇に導いたディアンジェロ・ラッセルに寄せられる称賛の声

スポンサーリンク

Basket Count/ バスケット・カウント

写真=Getty Images ルー・ウィリアムズ「4年目での台頭は遅咲きではない」 ネッツのディアンジェロ・ラッセルは、3月19日のキングス戦の第4クォーターだけで27得点、試合を通じてキャリアハイとなる44得点の大活躍を見せ、球団史上最大となる28点差からの大逆転勝利にチームを導いた。 キングス戦での見事なパフォーマンスも去ることながら、今シーズンのラッセルは成長著しい選手の一人として知られ、キャリア初のオールスター選出も果たした。そして、1年でもっとも成長した選手に送られるMIP賞候補に挙げられても不思議ではないパフォーマンスを、連日のように続けている。 レイカーズでは花咲くことなく2017年のオフにネッツにトレードされたが、元チームメートであるルー・ウィリアムズは、ラッセルを遅咲きの選手とは見ていない。 3月17日のネッツ戦後、ウィリアムズは「彼は遅咲きではないよ。最近では、リーグでプレーするようになって即活躍することを期待されているみたいだけれどね。彼は4年目で、オールスターにも選出された。自分から言わせれば、それは早い。それだけの機会を掴めない選手はたくさんいるんだからね」…
続きを読む>>球団史上最大の逆転劇に導いたディアンジェロ・ラッセルに寄せられる称賛の声

スポンサーリンク
スポンサーリンク